天然水ウォーターサーバーで安心・安全

天然水を気軽に飲める安心・安全のウォーターサーバー情報

ウォーターサーバーの電気代を調べる

ウォーターサーバーは便利で良いものですが、電気のためのお金がかかります。このサーバーは水を熱する機能と水を冷却する機能がついている優れものです。

ボトルを挿すと、水がどんどんタンクに溜まっていきます。常温の水が入るわけですから当然お湯はぬるくなりますし、水も冷たくなりなります。するとすぐに機械が感知して熱し始めますし、同時に冷却を始めます。

お湯は90度近くまで上昇して止まることになります。冷水は氷が張るくらいの温度になります。その作業を繰り返すことになり、冷めては熱する、ぬるくなっては冷やすを交互にします。サーモスタッドで調整しています。ですから意外と電気代はかかるのです。

特に使えば使うほど、つまり水を飲めば飲むほど、タンクの水が減って新しい水がボトルから入るので、温度が変わってきますので、タンクを熱したり、冷やしたりが多くなります。電気代はどのくらい使うかによって変わってきますが普通の家庭で1ヶ月1000円くらいといわれています。一人暮らしでサーバーを使っているならばもう少し安いかもしれません。

そしてサーバーは冬になると常温の水が冷たくなりますので、温水の温度が熱するのに時間がかかることになります。逆に夏場は冷水するのに時間がかかります。

もし電気代を節約したいのならば、どちらかのみを使うようにもすることができます。例えば温水スイッチを切っておけば、温水タンクは温水になりません。常温になります。冷水は冷えることになります。その逆も同じですそうすれば少しは電気代を節約できます。しかしどちらかが常温というのは気持ちの良いものではないかもしれません。

ウォーターサーバーには水代やサーバーレンタル代に加えてサーバーの電気代がさらにかかるということを覚えておくと良いと思います。1ヶ月に1000円を高いと感じるかそうでないかは個人差があると思いますが、できるならもう少し電気代がかからないサーバーがあるならばありがたいと感じます。